審査を受けるのは不安?

カードローン審査の不安
カードローンを申し込むときは色々と不安があるものです。そんな中一番不安になるのがいわゆる在籍確認になるのではないでしょうか?
在籍確認ってどんなことするの?カードローン会社とか名乗ったりしない?って不安に思いますよね?
カードローン会社ですと名乗ることはないのですが、そういった風に言われてもやはりバレたりすることへの不安はなくならないものかもしれません。
しかし実際はこの審査がきっかけでバレることってほぼないと言えるかと思います。なぜならば、会社には何かしらの「お客様」が存在をするわけです。そのお客様が必ずしも会社名、フルネームを名乗ってくれるわけでもありませんし、対応した人の知っているお客様とも限りません。

そのため、簡単に名前しか名乗らず、在籍確認だけをした人物にたいして、根掘り葉掘り聞いたりはしないものなのです。
実際に在籍確認を行なっている人からしてみても、最初の頃は意外にドキドキしたりするもののようですが、在籍確認の電話をして逆に質問をされたということはないと言えます。
もし、バレたりしたら不安だから、と在籍確認への不安がもとでカードローンを迷っている場合は、ほとんど迷う理由にならないと言えます。
安心をして利用をして大丈夫といえるでしょう。

審査に通る近道はある?

カードローンはいろいろあります。
できるだけ良い条件のカードローンを利用していきたいものですが、どういったカードローンでもパスできる、そんな魔法は存在をしません。そういったことから一番良いのは条件が自分にあったカードローンを選んで行く必要があるのです。
カードローンはぱっと見て一緒に見えても、ターゲットとしている客層が実は意外に違うものです。そこを理解した上で、自分にあうものを選んで行きましょう。

では、ターゲットとはどういったものになるのでしょうか?

まず、銀行系は安心をして借りやすく、比較的金利が低いことが多いかと思います。
しかし銀行系は公務員であったり、高収入であったり返済能力が高かったり、余裕があったりする人を対象としているといえるようです。そのため、切羽詰まっている状況の時に申し込むのはあまり良くないと言えるかもしれません。
逆に、ある程度借入を経験してから申し込む場合は、消費者金融などのような会社が良いと言えるでしょう。
そういったところは、多重債務者、フリーターなどをターゲットにしているために、借入をすでにしている人でも審査に通りやすいといえるのです。
お金を工面したいと思っている時に、色々と断られたりしていると精神的にもダメージを受けてしまいます。カード会社のターゲット層を理解した上で、現状にあった会社を選んでいくようにしましょう。